敏感肌ナビ>敏感肌の化粧品選び>化粧品と医薬部外品とは

化粧品と医薬部外品とは

美白化粧品やニキビ用のものに良くある「医薬部外品」。これは化粧品と違いがあるんですか?なにが違うんですか?よくある質問にお答えします。

 

薬事法とは

化粧品を製造するにあたって、薬事法により原料から製造方法、ラベルに表示しなければならない内容や、広告の表現までキメ細かく規制されています。

>>薬事法とは

 

医薬部外品とは

医薬品ではないが、医薬品に準ずるものとされています。 つまり効果・効能が認められた成分は配合されているが、予防に重点を置かれたものといえます。効果そのものも誰にでも必ず認められるというものではなく、「効果が期待できる」という範囲です。この作用の違いが医薬品との大きな違いでありまた、効果そのものも誰にでも必ず認められるというものではありません。

具体的にいうと、
「化粧品」→ 肌のきめを整える・肌をひきしめる・肌をやわらげる など。
「医薬部外品」→にきびを防ぐ・しみ・そばかすを防ぐ(美白効果) など。
このような違いがあります。

医薬部外品には全成分表示が義務付けられておらず、旧指定成分表示のみなので自分自身で判断することができません。
また、薬用と書かれているものは医薬部外品であると考えて良いでしょう。
>>医薬部外品とは