敏感肌ナビ>敏感肌の化粧品選び>無香料・無着色とは

敏感肌と無香料・無着色とは

匂いがしないものが無香料、透明なものが無着色、そう思っていませんか?決してそういうわけではないんです。ここでは無香料と無着色の意味について説明しています。

 

無香料とは

無香料=匂いがしない(無臭)と思っている方が多くいらっしゃるようですが、本来は「香料を使用していない」という意味です。化粧品には原料が存在しますが、原料にも匂いは残るもの。
この原料臭を抑える目的や、精神的なリラックス効果(マスキング効果)などを目的に香料が使用されます。

 

 

天然香料とは

天然香料基原物質リストに収載されている612品目の植物原料や動物原料から抽出して得られた成分、又はこれを複数組み合わせたもののことをいいます。
天然香料のほとんどは植物より抽出された精油や樹脂です。もともと天然に存在するものではありますが、産地やその年の気候により品質が一定しません。また、価格変動が大きいのも問題点です。

 

 

合成香料とは

合成香料とは、天然香料中の成分や天然には存在しないけど香料として有効な化合物を化学的に合成したものです。
アセト酢酸エチル、アセトフェノン、アニスアルデヒドなどが代表的ですが、使用する場合は、「着香の目的に限る」と定められています。現在許可されている物質は、2500品目に及ぶと言われています。
合成香料の原料としては石油より得られるエチレンやアセチレンなどがあります。

 

 

無香料が良いの?

判断基準はそれぞれですが、香料=危険物質であるという固定概念が強く残っているような気がしてなりません。現在は研究も進み、安全性は高いといわれています。
とくに女性はメンタルな部分で肌荒れをしがち。香りにはリラックス効果やメンタルな部分に働きかけをしてくれる重要な役割があります。安全性が高くなった昨今では、一概に無香料=肌に良い!というわけではないと思っています。